大人ニキビはどうしてこんなにも跡が残る?

大人ニキビはどうしてこんなにも跡が残る?

大人ニキビはどうしてこんなにも跡が残る?

大人ニキビは思春期ニキビに比べて
跡が残りやすいという傾向があります。

 

思春期にはたくさんニキビができますが
よっぽど潰しまくってデコボコにならない限り

 

大人になれば跡は自然ときれいになります。

 

しかし、大人になってからできたニキビの場合は
何年経っても跡が消えずにずーーーと

 

それこそ永遠に残ってしまうものもあるのです。

 

 

なぜ大人ニキビだと跡が残ってしまうのでしょうか。

 

 

そもそも思春期にできるニキビと
大人になってからできるニキビは

 

できる原因が違うからです。

 

 

 

思春期にできるニキビは
成長期における過程でホルモンバランスが乱れやすく

 

自身の成長に身体が対応できていないことで
起こる皮膚のトラブルです。

 

男性ホルモンが急激に増えたことで
皮脂の分泌のコントロールができなくなった少年には

 

オデコやほっぺたにたくさんニキビができてしまいます。

 

 

しかし、これは成長期特有のものなので
時期が過ぎれば自然と落ち着いてきます。

 

 

一方で、大人になってからできるニキビは厄介で
その原因となるのは生活習慣によるものです。

 

 

習慣化されたことが原因なので
自然に完治することはありません。

 

今あるニキビが治ったとしても
また新たにできてしまいます。

 

 

肌の角質が硬く厚くなってしまうことや
ターンオーバーが乱れてしまうなど

 

原因は複合的で一概にひとつとは言えませんが
肌の代謝が悪くなっていることが原因なので

 

ニキビの跡も残ってしまうのは当然ですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ